オステオパシーとは

A.T.スティル写真
           A.T.Still

 

オステオパシーとは1874年にアメ

 

リカの医師、アンドリュー・テイ

 

ラー・スティルにより発表された

 

医学体系です。

彼は当時の薬剤信仰に疑問を持ち、

 

からだに本来そなわっているはず

 

の自然治癒力を最優先する治療法を

 

研究しました。

 

多くの患者を診察し、観察を続けて

 

いくうちに、どんな病気の患者にも

 

必ず、筋骨格系の異常があることに気付きます。   

 

彼はこの筋骨格系の問題が、血流、リンパの流れ、そして神経伝達に

 

障害を引き起こして体に様々な症状が出るのではないかと考え、自ら

 

手技により、筋骨格系の異常を取り除く方法を考え出します。

 

その方法に「骨」を意味する「オステオ」と「病む」を意味する「パソス」

 

というギリシャ語から「オステオパシー」と名付けました。

 

その効果はとても高く、体の痛みや痺れだけでなく、呼吸器系、循環器系

 

消化器系など、多くの症状が改善していきました。


その後、彼はこの方法により沢山の患者を救い、その効果の高さから

 

オステオパシーはアメリカ全土に普及します。

 

日本ではまだ聞き慣れない言葉ですが、現在では発祥の地アメリカをはじ

 

め、カナダ、イギリス、フランス、 オーストラリア、ニュージーランド

 

などで国家資格として認められています。(アメリカでは投薬、手術

 

など全ての医療行為ができる完全な医師「ドクター・オブ・オステオパシ

 

ー(D.O)」、その他の国は手技のみの資格です。)

 

オステオパシーを特徴づける最も大きな点は、全身を見ることができると

 

いうことではないでしょうか。

 

脊柱の調整はもちろん、指の関節の動きの改善、内臓の緊張を取り除く、

 

頭蓋骨の調整をおこなうなど、からだの中で見ない部分はありません。

 

頭蓋骨の調整と言われてもピンとこない方も多いと思いますが、頭蓋骨は

 

小さな骨が縫合というものでパズルのように組み合わされており、頭蓋骨

 

がゆがむと、体にさまざまな不調が出てくる場合があります。

 

現在90歳を過ぎて、現役で小児専門の頭蓋オステオパシー治療を行って

 

いるアメリカのビオラ・フライマンD.Oのところには、世界中から難病の

 

子供たちが集まり、大きな成果をあげています。

 

(ヴィオラM. Frymann、DO、FAAO、女史は2016年1月23日に

  

 永眠されました。享年94歳)

 

オステオパシーでは、からだはすべてがつながり合っており、どこか一部が

 

不調になれば必ずほかの部分にも影響が出ると考えます。

 

ですから症状の出ている部位だけでなく、全身の状態を見て施術を行って

 

いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        ページトップへ