オステオパシーとは

A.T.スティル写真
           A.T.Still

 

オステオパシーとは1874年にアメ

 

リカの医師、アンドリュー・テイ

 

ラー・スティルにより発表された

 

医学体系です。

彼は当時の薬剤信仰に疑問を持ち、

 

からだに本来そなわっているはず

 

の自然治癒力を最優先する治療法を

 

研究しました。

 

多くの患者を診察し、観察を続けて

 

いくうちに、どんな病気の患者にも

 

必ず、筋骨格系の異常があることに気付きます。   

 

彼はこの筋骨格系の異常が、血流、リンパの流れ、そして神経系の問題を

 

引き起こし、体内での酸素・栄養素などの供給、さらに代謝による老廃物の

 

排泄に障害を生じさせて、体に様々な症状が出るのではないかと考えました。

 

そこで自ら、手技により筋骨格系の異常を取り除く方法を考え出します。

 

その方法に「骨」を意味する「オステオ」と「病む」を意味する「パソス」

 

というギリシャ語から「オステオパシー」と名付けました。

 

その効果はとても高く、体の痛みや痺れだけでなく、呼吸器系、循環器系

 

消化器系など、多くの症状が改善していきました。


その後、彼はこの方法により沢山の患者を救い、その効果の高さから

 

オステオパシーはアメリカ全土に普及します。

 

日本ではまだ聞き慣れない言葉ですが、現在では発祥の地アメリカをはじ

 

め、カナダ、イギリス、フランス、 オーストラリア、ニュージーランド

 

などで国家資格として認められています。

 

アメリカではメディカル・ドクター(M.D)と同様に投薬、手術など全ての

 

医療行為ができる完全な医師「ドクター・オブ・オステオパシー(D.O)」、

 

その他の国は手技のみの国家資格です。

 

つまりアメリカのD.Oはメディカル・ドクターと同様の医療行為を全て

 

行う権限があり、さらに薬のみに頼らず手技を使用して治療するため、

 

よりホリスティックな観点から患者を診ることが出来るということです。

 

オステオパシーを特徴づける最も大きな点は、全身を見ることができると

 

いうことではないでしょうか。

 

脊柱の調整はもちろん、指の関節の動きの改善、内臓の緊張を取り除く、

 

頭蓋骨の調整をおこなうなど、からだの中で見ない部分はありません。

 

頭蓋骨の調整と言われてもピンとこない方も多いと思いますが、頭蓋骨は

 

小さな骨が縫合というものでパズルのように組み合わされており、頭蓋骨

 

がゆがむと、体にさまざまな不調が出てくる場合があります。

 

現在90歳を過ぎて、現役で小児専門の頭蓋オステオパシー治療を行って

 

いるアメリカのビオラ・フライマンD.Oのところには、世界中から難病の

 

子供たちが集まり、大きな成果をあげています。

 

(ヴィオラM. Frymann、DO、FAAO、女史は2016年1月23日に

  

 永眠されました。享年94歳)

 

オステオパシーでは、からだはすべてがつながり合っており、どこか一部が

 

不調になれば必ずほかの部分にも影響が出ると考えます。

 

ですから症状の出ている部位だけでなく、全身の状態を見て施術を行って

 

いきます。

 

 

 

最後にオステオパシーの創始者A・T・スティルの著書「The Philosophy and

 

Mechanical Principles of Osteopathy」(1902年出版)から、

 

 

  We suffer from two causesーwant of supply and the burdens of

 

      dead deposits.

 

  我々は2つの原因、供給の不足、そして死んだ堆積物の重荷に苦しんで

 

  いるのである。

 

 

 

 

オステオパシーとは筋骨格系にアプローチして血液、リンパ、脳脊髄液等の

 

体液の流れ、そして神経系の働きを正常化し上記の2つの原因を除去すること

 

により、人を健康へと導く論理的、実践的な知識と技術です。

 

 

                    白山オステオパシー院長

                            眞野俊博

 

 

 

 

 

 

                                        ページトップへ