子供のオステオパシー施術について

 

当院では0歳児の赤ちゃんから、施術を行っております。

 

今までに施術した、お子さんの症状を挙げてみると、

 

 

・ぜんそく

・アトピー

・花粉症

・風邪

・頭痛

・肩こり

・乗り物酔い

・おねしょ

・夜泣き

・言語の遅れ

・自閉症

・発達障害

・注意欠陥・多動性障害(ADHD)

・中耳炎

・鼻炎

・下痢

・便秘

・斜視

・潰瘍性大腸炎

・起立性調節障害

・チック

・側弯症

・出生後の体の状態のチェック

 

 

おおよそ、こんなところでしょうか。

 

私がこれまで子供たちへの施術をしてきて、大人に対する施術と最も違う点を挙

 

げるとすると、それは「子どもは骨がやわらかい。」ということです。

 

骨というのは一般的には硬いものだと思われていますが、生きている人の骨とい

 

うのは、下図のように骨内に血管、リンパ管などが無数に張り巡らされており、

 

大人でも実は弾力性のあるものです。

 

 

骨、血管、リンパ管、図

 

 

しかし、子供の骨はまだ成長途上で軟骨部分が多いため、大人とは比べ物になら

 

ないくらい柔らかいのです。

 

体が成長しているあいだは骨も成長し続けますから、その間は骨の状態も当然大

 

人とは違うわけで、一般的には女性で18歳、男性で21歳くらいまでは成人と

 

同じような骨の状態にはなりません。

 

物を持ち上げたりする力は筋肉の断面積に比例して増加しますが、単位面積あた

 

りの筋肉の収縮力というのは、大人も子供も変わりません。

 

ですから、成長途上の子供たちは筋肉の収縮する強さに骨自体が負けてしまうの

 

です。

 

私はHPの中で血液、リンパ液の循環不良により体液中のタンパク質が靭帯、筋

 

膜、腱などの結合組織内に沈着する。

 

そしてこの沈着が進むと、筋肉内にある固有感覚受容器の反射作用により、筋肉

 

が常に収縮した状態になってしまう。

 

また、このタンパク質の結合組織内への沈着がほとんどの病気の原因であると、

 

現代医学の常識には無いことを繰り返し書いていますが、私が触った感覚ではこ

 

の筋肉の異常収縮により、大人ならば関節部分の歪みだけで済むところが、子供

 

の場合は骨自体も圧縮されてつぶれているようです。

 

そうすると、特に神経が背骨の椎骨のあいだから出る部分では椎間関節の歪みプ

 

ラス椎骨自体の圧縮により神経の圧迫が起こりますし、脊柱前面を下る交感神経

 

にも不要な刺激が入ります。

 

その結果大人では症状が出ないようなレベルの問題でも、喘息、アトピー性皮膚

 

炎、起立性調節障害、ADHD、自閉症など、さまざまな症状が出てくるのでは

 

ないかと考えています。

 

自律神経図

 

 

上図でいうと、大人の場合は椎骨と椎骨のあいだのねじれなどが神経圧迫の原因

 

となりますが、子供のばあいは椎骨自体がまだ柔らかいために、骨自体も圧縮さ

 

れてつぶれてしまい、神経圧迫がより強くなるようです。

 

そして血管、リンパ管なども圧迫されて流れが悪くなりますので、その結果さら

 

に不要なタンパク質の蓄積が進んでしまうという負のスパイラルに陥ってしまい

 

ます。

 

しかし子供の場合は、通常は大人と比べると体の問題も比較的取り除くことが容

 

易ですから、なにかしらの症状が出ているお子さんはできるだけ早いうちに、オ

 

ステオパシーの施術を受けたほうが良いと私は考えています。

 

 

 

つぎに、故ロバート・フルフォードDOの著書「いのちの輝き」からフルフォー

 

ド先生が治療した、子供の症例をふたつ紹介します。

 

どちらも、いわゆる西洋医学とは全く違った観点から患者を診ていることがわか

 

ると思います。

 

 

・症例1

 

5年ほど前、活動過多で痙攣性発作の診断を受けた男の子を診たことがあった。

 

神経科医をさんざん手こずらせたらしいが、医師には原因を特定することはでき

 

なかった。

 

その子は1回の治療ですんだ。

 

私がやったのは頭蓋骨をゆるめて、ひろげることだけだった。というのも出生時

 

に最初の呼吸がうまくいかず、自力で頭蓋骨をひろげることができていなかった

 

からである。

 

しばらくして、その子の母親から近況を知らせる手紙が届いた。

 

治療をした翌日から、その子は家中を走りまわることもなく、生まれてはじめて

 

人の話に耳をかたむけ、おとなしく座って宿題を終えるようになったということ

 

だった。

 

そして、私の治療を受けてから1週間後に担当の神経科医に診てもらったとこ

 

ろ、前回のときよりも頭の周囲が0.5cm大きくなっていたという。

 

その医師は驚きながらも、症状の大幅な改善には興味をもったようだっ

 

 

・症例2

 

かなり前のことだが、若い母親が5歳の子供を連れて、私のところにやってき

 

た。

 

医師にもわからない奇妙な症状に悩んでいるという。

 

親が散歩に連れ出すと、子供はきまって暴れはじめ、知らない人のところに走っ

 

て行って、その人に噛みつくというのである。

 

診察をはじめる前、妊娠中になにか、こころとからだの傷になるような事件は起

 

こらなかったかと、母親にたずねた。

 

母親は、なにもなかったと答えた。

 

なぜかはわからないが、とにかくその子は歩きはじめるとすぐに人に噛みつくよ

 

うになったという。

 

しかし、しばらく話しているうちに、子供が生まれる直前になって、たてつづけ

 

に二人、親類が自殺したということがわかった。

 

わたしは子供の行動が、自殺にたいする母親の感情的な反応からきている考え

 

た。

 

胎内の子供は母親のそうした思いを嫌い、その怒りと苦痛がまだ体の中に残って

 

いたのだ。

 

子供の骨組みに手技をほどこし、ショックをとり除いて、背骨の緊張をゆるめ

 

た。

 

治療が終わると子供は治療台からおりて、椅子に座っている母親の膝によじのぼ

 

り、眠ってしまった。

 

わたしが知る限り、それ以来、子供は人に噛みついていない。

 

妊娠中の女性で、自分および夫の想念が胎内の子供に影響していることを知らさ

 

れている人はきわめて少ない。

 

妊娠中に、親となる夫婦がいろいろ否定的な想念を思い浮かべることはごく自然

 

なことである。

 

9か月ものあいだには、落ち込んだり、不幸を感じたりすることがあって当然

 

だ。

 

だが妊娠中、きわめて深刻な精神的・感情的トラウマに耐えたことのある親は、

 

その結果として生じた否定的な想念が胎児のからだに根をおろし、生まれた後に

 

原因不明の身体的・心理的症状を呈する場合があることを知っておく必要があ

 

る。

 

逆に言えば、繰り返し原因不明の症状を呈する子供の親は、妊娠中の出来事をよ

 

く点検して、そのときからひきずっている否定的想念がないかどうかを考えたほ

 

うがいいということだ。

 

 

 

またアンドルー・ワイル博士の著書「癒す心、治る力」でもフルフォードDOは

 

寡黙な老医師として紹介されていますが、その中でフルフォードDOは

 

 

大きくなってから起こる病気の多くは、出生時外傷による溜まりに溜まったひず

 

みの結果なんだ。生まれてから24時間以内の骨はゼリーみたいにやわらかいか

 

ら簡単に正常な位置に戻せる。

 

 

と述べています。

 

アメリカでは産科にオステオパシー・ドクターがいて出生直後の子供の体の状態

 

をチェックする病院も多いようですが、日本では夢のような話です。

 

日本でも、いつの日かそのような体制ができたらと私は考えています。

 

なおここで紹介したロバート・フルフォードDOは、亡くなる直前の91歳まで

 

治療をつづけ、さまざまな困難な症例を治癒させた伝説的なオステオパスです

 

が、他にも創始者のA・T・スティルをはじめとして、ヨーロッパにオステオパ

 

シーを広めたJ・M・リトルジョン、頭蓋治療の探求をおこなったW・G・サザ

 

ーランドなど、数多くの偉大なオステオパス達がいます。

 

私も彼らのようなオステオパスを目指して、日々努力しています。