整体、カイロプラクティックとは何が違うの?

 

私がオステオパシーの説明をすると「整体ですか?」とよく聞かれます。

 

日本では、まだほとんどオステオパシーという言葉が知られていないため

 

「体を整えるという意味では、整体とも言えます。」と答えています。

 

実際オステオパシーの治療方法には、整体やカイロプラクティックなどで

 

よく行なわれる背骨をバキバキする方法もあります、というよりはこの

 

テクニックは元来は数あるオステオパシーの治療方法の中の一つだった

 

ものを、他の手技療法の人達が取り入れたもののようです。

 

(他の方法のほうがより効果的だと考えているため、私はこのバキバキ

 

 する方法は、使用しておりません。)

 

ちなみにオステオパシーが発表されたのが1874年、カイロプラクティ

 

ックは1895年で、1892年には最初のオステオパシー医科大学で

 

あるアメリカン・スクール・オブ・オステオパシー(ASO)が開校して

 

いました。

 

以下は、ASOの第1期生の写真です。(真ん中にいる犬の名はマイケル)

 

 

アメリカンスクールオブオステオパシー第1期生写真

 

 

当院に痛み、痺れなど様々な体の症状で来られる方の中には、整体や

 

カイロプラクティックにも通ったが、良くならなかったという方も

 

います。

 

そういう方の体の特徴は、例えば首でいえば頸椎の関節は何度もスラスト

 

(よくある関節をバキッと鳴らす矯正方法です。)を受けているため

 

非常に緩くなっています。

 

しかしそれ以外の組織、例えば頸部の筋膜、頭蓋骨から肩や背中などに

 

つながる僧帽筋、頭板状筋、頭最長筋などの大きな筋肉の問題、あるいは

 

頸椎前面の前縦靭帯、頸長筋、頭長筋などの問題が取り除かれていません。

 

そのため、関節、筋肉、靭帯、筋膜などの各組織のバランスが悪くなって

 

おり、このような状態では場合によっては痛み、痺れなどの症状をかえっ

 

て悪化させてしまうケースもあります。

 

オステオパシーは整体やカイロプラクティックのように背骨の関節だけに

 

重点を置くのではなく、そこにある全ての組織の状態をチェックして原因

 

を探していきます。

 

ですから、問題のある箇所を正確に特定することができるのです。

 

ところで、整体(整体師)は柔道整復師や鍼灸あんまマッサージ師のような

 

国家資格ではありませんし、整体師という資格もそれぞれの学校が独自に

 

発行しているものなので、私には整体や整体師という言葉の定義が解らず

 

困ってしまいます。

 

ではオステオパシーはどうかというと、やはり日本では国家資格には

 

なっていませんが、WHO(世界保健機関)においては代替医療として正

 

式に認められています。

 

日本ではカイロプラクティックはそれなりに普及しており、アメリカの

 

学校を卒業したというカイロプラクターもそれほど珍しくありません。

 

しかし現在日本にアメリカのオステオパシー医科大学を卒業した

 

オステオパスは一人しかいません。(私の恩師の一人、森田博也DO)

 

それはアメリカではカイロプラクターになるのに比べて、オステオパスに

 

なるのは格段に難しいからです。

 

以下にそれぞれの教育期間を紹介します。 

 

 

ドクターオブオステオパシー、DO、年数

 

DC(ドクターオブカイロプラクティック)

 

日本の医師

 

 

MD(メディカルドクター)

 

DO(ドクターオブオステオパシー)

 

 

上記を見てもわかるように、アメリカでカイロプラクターになるには

 

高校を卒業してから、一般の短期大学の2年間も含めて最短で5年で

 

なることが出来ますが、オステオパスになるにはレジデントも含めると

 

11年もの年月がかかります。

 

そのためアメリカでは、オステオパスは完全な医師として認められて

 

いるのです。

 

残念ながら、日本では国家資格になっていないため私が卒業した3年制の

 

専門学校が、国内ではもっともしっかりしたオステオパシーの教育機関と

 

なっています。

 

オステオパシーの施術の基本は、解剖学と生理学に基づき、さらに触診の

 

能力を高める努力を続けることにより、初めて可能となります。

 

オステオパシーを学ぶ学生がよく行う触診の訓練の例を以下に挙げます。

 

 

・開いた本の上に髪の毛を1本置き、その上にページを重ねてどこに

 

 髪の毛があるかを指先の感覚だけで見つける。そして、その枚数を

 

 1ページづつ増やしていく。

 

・タオルに10円玉をのせて、目を閉じた状態でタオルの端を引きタオル

 

 のどこに10円玉がのっているかを当てる。

 

・脊柱模型にバスタオルなどを巻き付け、タオルごしに骨の詳細な形を

 

 感じとることが出来るようにする。

 

 

などがあります。

 

また知識という面では、特に解剖学に関しては徹底的に叩き込まれます。

 

筋肉、靭帯の名称や付着部分、神経支配、血管やリンパ管の走行などなど、

 

本当に膨大な量の知識が必要です。

 

私が解剖学を学んだ早川先生(元東京慈恵会医科大学解剖学第一准教授)

 

は頭蓋骨にある神経や血管が通る針の先のような孔の名称やそこを通る

 

神経、血管の名称、機能まで全て覚えるように言いました。(残念なが

 

ら、かなり忘れてしまいましたが・・・。)

 

また私が学んだ学校では必ずアメリカでの解剖実習が義務づけられており、

 

私もハワイで1度、ウエストバージニアで1度、合計100時間近く実際に

 

メスを使って、検体の解剖を行いました。

 

知識と実践を兼ね備えていなければならないということで、オステオパシー

 

はScience(科学)であり、Art(技、芸術)であるとアメリカのオステオパス

 

は言います。(日本では、このArtという言葉を芸術と訳している場合が

 

多いようですが、私としては「技」の意味の方がしっくりときます。

 

例えば英語では格闘技のことを「Martial  Arts」と呼びます。)

 

また創始者のA・T・スティルは、自分が触れている患者の体の内部の

 

完璧な映像を頭の中に描けるようにならなければいけないと言いました。

 

ですから私達オステオパスは、この解剖学の知識、生理学の知識、そして

 

触診の能力を高めるように、努力し続けなければいけないわけです。

 

 

 

 

なお私がここに書いたことは、「今までに整体 or カイロプラクティッ

 

クの施術を受けていた」と言われた方の触診をした、私の主観で書いて

 

いるため、「私のところは違う!」と思われる整体師やカイロプラクター

 

の方もいるかもしれません。そこのところは、どうかご了承ください。

 

 

 

 

            ページトップへ