きっかけ

 

今回は私が今の考え方に至ったきっかけを書きたいと思います。

私がオステオパシーの学校で学んでいるときに、触診の練習をしていると、

同級生で背骨の右側の筋肉だけが極端に盛り上がっている人がいました。

また彼はいつも内臓の調子が悪く、自律神経系の経路から考えても筋肉の

異常な緊張が関係しているような気がしました。

オステオパシー的にはその原因や、他の部位との関連なども考えて

いかなければいけませんが、まだ何もわからなかったと言ってよい当時の

 

私は、とにかくその筋の緊張を取りのぞいてあげようと思い、筋肉を押した

 

り、伸ばしたりして、なんとかその盛り上がりを取ってあげようとしました

 

が、ダメでした。

その後、学校で繰り返し触診の練習をしているうちに、私は異常な緊張を

起こしている筋肉が骨に付着する部分には、なにか普通とは違う感触がある

ことに気が付きました。

それはゼリーのような感触だったり、グミのような感触だったり、あるいは

もっと硬い感触だったりと様々ですが、正常な筋肉にはない何かが、その

 

部分にくっついている感じでした。

さらに、その部分を押すと誰もが強い痛みを訴えました。

押すと痛みを発する場所として知られているものに、アメリカのジャネッ

 

ト・トラベルM.Dのトリガーポイント、またローレンス・ジョーンズ

 

D.Oの圧痛点(テンダーポイント)がありますが、トラベルM.Dが

 

書いたトリガーポイントマニュアル、やジョーンズD.Oが書いたストレイ

 

ン・カウンター・ストレイン(理学療法士の業界ではポジショナルリリース

 

セラピーと呼ばれているものです)を読んでも、圧痛のある場所に何かが

 

付着しているという記述はありませんでした。

またスティーブン・ティパルドスD.Oのフェイシャル・ディストーション

モデル(以前はオーソパシックメディスンと呼ばれていたものです)という

方法にコンテニアム・ディストーションという考え方がありますが、

これは筋肉の引っ張りにより骨質が引っ張り出されているという考え方で、

骨質を押し戻すという考えのもとに、かなり強力な力で圧痛のある部分を

強く押さえつけます。

ただでさえ痛い部分を強力に押さえつけるわけですから、される側は激痛に

耐えなければなりません。

私が触診で感じていたものにも、かなりの硬さのものはありましたが骨質

 

という感じでもなかったので、やさしい力でゆっくりと押し込んでみまし

 

たが、かなりの硬さのものでも痛みを感じさせずに、取り除くことができ

 

ました。

さらにそれだけではなく、筋肉の異常緊張も無くなってしまったのです。

(その理由については、後日私の考えを書きます。)

オステオパシーには内臓疾患の診断、治療の両方に使えるチャップマン

 

反射点というものもありますが、感覚的にはこれが一番近いのではないかと

 

思います。

これは1920年代にアメリカのフランク・チャップマンD.Oによって、

マップ化された、内臓疾患と体の特定の部位の圧痛との関連を示したもの

 

ですがそこにはタピオカ状の小結節があり、治療にはしっかりとした押圧

 

でもみほぐすという記述があります。

わたしは、これまで書いてきた様々な圧痛を発する部分は、実は全て同じ

 

ものを別の名称で呼んでいるだけではないかという気がしています。

圧痛を発する部分には本来ならあってはならない、何らかの付着物があり、

それを取り除いてあげれば、痛みは消え場合によっては他の関連する症状も

消えるということです。

次回は、チャップマン反射点について少し詳しく書いていきたいと思い

 

ます。