頭蓋オステオパシーについて

 

オステオパシーと他の手技療法とを隔てる大きな特徴の一つに、頭蓋オステオパ

 

シーがあります。

 

つまりオステオパシーでは、一般的な整体などでは触れられることのない頭蓋領

 

域に対する施術も行なうということです。

 

一般的には頭蓋骨や顔の形は変わらないと思われていますが、実際には生きてい

 

る人の骨というのは、弾力性があり特に頭蓋骨のような薄い骨は、頭蓋骨表面に

 

つながる多くの筋肉の引っ張り、あるいは表面の膜の異常などの要因で歪んでし

 

まいます。

 

そういった歪みが起きると、例えば顔の形の非対称だけでなく、斜視、顎関節

 

症、顔面神経麻痺他さまざまな症状が現れる原因となります。

 

また子供の多動症(ADHD)や自閉症、学習障害なども頭部の筋膜、腱膜、縫合な

 

ど膜の緊張が影響していると考えられています。

 

実際にアメリカのオステオパスであるベリル・アーバックルは幼児の病理解剖を

 

数百回行い、頭部の膜の状態が予想以上に深刻な機能障害の原因となっていたこ

 

とを認めています。

 

また現在、90歳を過ぎて現役で小児専門の頭蓋治療を行なっているアメリカの

 

ビオラ・フライマンDOのところには、世界中から様々な問題を抱えた子供達が

 

訪れ、大きな成果をあげています。

 

 (ヴィオラM. Frymann、DO、FAAO、女史は2016年1月23日に永眠され

 

ました。享年94歳)

 

私も施術の際には、必ず頭蓋の状態をチェックして調整をおこないます。

 

頭部の症状として一番多いのは、やはり頭痛です。

 

当院に頭痛の症状で来られる方の多くは、以前に病院に行きMRI、CTなどの

 

画像検査をおこなった経験があります。

 

しかし病院では、頭部の画像による診断で「特に異常なし」と言われ、鎮痛薬を

 

出されるだけで、結局その後も辛い症状を抱えたまま生活しているというケース

 

が大半です。

 

実際のところ脳自体には知覚神経が存在しないため、たとえ指で押しても痛みは

 

感じませんし、脳を包んでいる硬膜には知覚受容器が存在しますがくも膜下、硬

 

膜下や硬膜外の出血他なんらかの物理的な圧迫がなければ、痛みは感じません。

 

結局、ほとんどの頭痛の原因は頭蓋骨表面の、筋肉、筋膜、腱膜、骨膜、頭蓋骨

 

を繋いでいる縫合の問題、さらにそれらによる頭蓋骨のゆがみや緊張、それに伴

 

う頭部の血液、リンパの循環不全いうことになり、そういった問題を取り除いて

 

あげれば、頭痛も解消するということです。

 

以下にオステオパシーの頭蓋施術で効果があると言われているものを挙げます。

 

 

   ・頭痛

 ・自律神経失調

 ・顎関節症

 ・慢性疲労症候群

 ・花粉症

 ・鼻炎

 ・中耳炎

 ・不眠症

 ・めまい

 ・メニエール病

 ・頭や顔の歪み

 ・統合失調症

 ・うつ病

 ・摂食障害

 ・パニック障害

 ・てんかん

 ・不安神経症

 ・適応障害

 ・自閉症

 ・発達障害

 ・アスペルガー症候群

 ・多動症

 ・チック

 ・斜視

 ・言語の遅れ  など

 

 

頭痛、花粉症、鼻炎などは私の経験では比較的早く改善が見られますが(ときに

 

は1回の施術で症状が消えます)それら以外に関しては、改善までの期間は個人

 

差が大きいのではないかと考えています。

 

また当院には過去に小顔エステ後から体調不良となった方が、来院されたことも

 

あります。

 

1回の施術で改善した方もいますが、症状が無くなるまでに10回以上の施術が

 

必要な方もいました。  

 

小顔エステを受けたことのある方たちの話によると、小顔エステというところは

 

力任せに顔を圧迫するところが多く、かなり痛い思いをするケースも多々あるよ

 

うですが、痛い思いをさせるほどの力で頭蓋の矯正をおこなうことは危険です

 

し、頭蓋領域の解剖学を理解していない施術者がおこなうと、逆に問題を起こし

 

てしまう可能性が高いと思います。 

 

解剖学の知識に乏しい施術者がおこなう小顔矯正が、どれほど危険なものかを、

 

女性の皆さんは是非理解していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

補足:

 

頭蓋オステオパシーについて調べた経験がある方は、私が書いている内容が他の

 

オステオパスが書いていることとは違う、と感じるかもしれません。

 

現在、日本で「私は頭蓋領域のオステオパシー施術をします。」という術者のほ

 

とんどは、サザーランド系、あるいはアプレジャーの頭蓋仙骨療法(CST:クラ

 

ニオセイクラルセラピー)などの非常に軽いタッチで施術する方法を使用してい

 

ます。

 

これは脳脊髄液の波動を感じ取りながら、頭蓋表面にごく軽く触れる程度の圧で

 

脳脊髄液の波動による頭蓋の膨張、収縮の動き(オステオパシーでは蝶形骨と後

 

頭骨間の動きから屈曲、伸展と表現します。)を正常化させることにより、脳脊

 

髄液の流れを良くして自然治癒力を高め、身体に良い方向の変化が現れることを

 

期待する、というような考え方です。

 

私が学校で習ったのもこの方法ですが、いわゆるバタフライタッチ(5グラム程

 

度の圧)と言われるこの方法では、残念ながら私には頭蓋領域の問題を取り除く

 

ことが出来ませんでした。

 

また私自身も何人ものオステオパスに、この方法で施術してもらいましたが、い

 

くら

 

「はい、これで頭蓋の屈曲、伸展の動きが正常になりました。」

 

と言われても、なんらかの良い変化を感じることが全くありませんでした。

 

そこで、この方法はあきらめ、私はロバート・フルフォードDOがおこなっていた

 

ように、筋、膜、縫合などの組織ベースで頭部の状態を調べ、それらの組織の問

 

題を取り除いていくという方法に変えていきました。

 

その結果、それまでとは比べものにならないくらいに、受けた人達の症状の改善

 

が見られたために、現在は脳脊髄液の波動を使って頭蓋の動きを正常化するので

 

はなく、身体の他の部分と同様に触診により組織の問題箇所を見つけ、その部分

 

を手技により正常な状態に戻していくという方法で、頭蓋調整をおこなっていま

 

す。

 

私の経験では、軽いタッチの頭蓋施術は一時的に頭蓋の動きが正常化しても、少

 

し経つと元に戻ってしまい、正常な状態を維持できません。

 

マッサージを受けた時に一時的に身体が楽になって、少し経つと元に戻るのと同

 

じようなイメージと考えれば分かりやすいかもしれません。

 

現在、一般的に知られているオステオパシーのテクニックの中では、ストレイ

 

ン・カウンターストレイン(SCS)の頭蓋施術が、最も効果的な方法ではないかと

 

私は考えていますが、残念ながら現在の日本でSCSの頭蓋施術をきちんと行うこ

 

とが出来るオステオパスは、数える程しかいないのではないかと思います。

 

SCSによる頭蓋施術や、私がおこなっている方法のようにある程度しっかりとし

 

た力を頭蓋にかけると、軽く触れる程度の圧では解らない頭蓋内部にある縫合の

 

固着などの問題まで、はっきりと感じ取ることができます。

 

ですから、ある程度しっかりした圧により頭蓋の調整をおこなうことで、結果的

 

に脳脊髄液の流れも正常化させることが可能です(ちまたで行われている小顔矯

 

正のような、痛みが出るほどの圧ではありません。)

 

他の施術院では、頭蓋オステオパシーというと、本当にほとんど頭部しか触らな

 

いところも多いようですが、私は身体の他の部位との関係を抜きにした頭蓋調整

 

はありえないと思っていますので、あくまでも身体全体の施術の一部として、お

 

こなっています。

 

また一部のオステオパスは、頭蓋オステオパシーを何か神秘的で特殊な技能のよ

 

うに書いていますが、私に言わせると頭蓋調整はなんら特別なものではなく、き

 

ちんとした解剖学、生理学の知識と触診の能力があれば、誰もが身につけること

 

が出来るものです。

 

 

では最後にウイリアム・G・サザーランドが1947年におこなった講座で受講者

 

達が、サザーランドにもっと頭蓋の治療法について、講義をして欲しいと要望し

 

たときの言葉です。

 

彼は激怒しながら、こう言いました。

 

 

 

「これは『オステオパシー』であり、それ以外の何ものでもない。首を切って、

 

頭を投げ捨ててしまうこの業界の他の人達と同じように、首を切って、体を投げ

 

捨ててしまう君たちも最低だ!」

 

 

 

 

身体全体を見ずして、真のオステオパシーはあり得ません。