オステオパシーは血流、リンパの流れ、神経伝達を正常化します

 

 人体を構成する206個の骨全てには、本来あるべき正しい位置があります。

 

 オステオパシーは手技により、全身の骨格を本来の正しい状態へと戻すことで

 

 血液、リンパ、神経伝達が最もスムーズに流れる状態にし、人が生まれながら

 

 に保持している自己治癒力を、最大限に発揮できる体へと導いていきます。

 

  穏やかな施術のため、乳児から高齢の方、妊婦さんまで幅広く対応

  致します  (これまでに施術した最年少は生後6日、最高齢は95歳)

オステオパシーで症状が改善した方でも、1年に1~2回程度は体調 

管理と体の状態をチェックする為に施術を受けることをお勧めします

白山オステオパシー施術写真

 

  1、解剖学の知識

 

   2、生理学の知識

 

  3、繊細な触知能力

 

  4、確かな技術

 

   オステオパシーには

   この全てが必須です

 

 

  

 

        1874年にオステオパシーを発表したアメリカの医師 A・T・

 

        スティルは多くの患者を診察していく中で、どのような病気の

 

    患者にも必ず筋骨格系の問題が存在することに気づき、

 

 

 

    「 病気の原因は筋肉、筋膜、間膜、靭帯などの組織の問題に

 

      よる歪みや圧迫などで身体の各器官への酸素や栄養の供給、

 

      老廃物の排泄、あるいは神経伝達障害が起きるこある

 

    のではないだろうか。 」

 

 

 

    と考えました。

 

    そこで、手技によりそれら組織の問題を取り除く方法を自ら考案し、

 

    その効果の高さからオステオパシーはアメリカ全土に普及します。

 

    彼は自分の生徒達に、解剖学、生理学の知識を徹底的に教え込みまし

 

      たが、それだけではなく診察する際には患者一人一人をBody、Mind、

 

    Spiritを有した三位一体の存在として見るように説きました。

            

    私は西洋医学や各種代替療法も含めたなかで、オステオパシーほど

 

   「人の全体性を見る(ホリスティック)」という哲学を明確に持った

 

    療法を他には知りません。

 

 

 

 

 

<お知らせ>

  

   ・当院スタッフの山中が、2015年11月に代々木上原にて独立開業致しました。

 

  オステオパシー シルクロ 渋谷区上原1-38-11 シャトー代々木上原B02

 

  ホームページはこちら→  オステオパシー シルクロ

     

  なお現在も、日曜日のみ白山に出勤しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

<オステオパシー創始者A.T.Still(86歳当時-1916年)の映像>

<当院写真>

*各種広告・ネット関連会社等の営業担当の方へ

当院では、電話での勧誘・営業活動は一切お断りしております。

メールにて、お願いいたします。